合田夏樹のKアノン観察雑記

日韓の左派政治家、活動家の党派性の強さ、ダブスタ、陰謀論、フェイクに強烈な魅力を感じるリベラルの独り言、エンタメとしてお楽しみください。強い電波を含む事があります。 https://twitcasting.tv/729ng/

合田夏樹のKアノン観察雑記 イメージ画像

真面目

家にある要らない物を軽トラに積んでゴミ処分場に持ち込み、整理整頓し、掃除が面白くて仕方ない。自宅の庭に木がいっぱいあるんだが、その剪定なんかも楽しんでいる。この楽しさを今まで知らなかった俺は人生損してた気分だ。それと、やっぱ片付ける事で大事なのは捨てる事
『最近、自宅の断捨離と掃除にハマってブログの更新が滞りがち、昨日は家中のガラスを磨いて回ったぜ #ネトウヨ安寧』の画像

その文章の登場人物の実名とハンドルがセットで証言されていて、裏切られた主水の絶望、悲しみ、苦しみ、怒り、焦りが臨場感たっぷりに伝わってくる。主水の文章は、ただの暴露ではなく、第二のリンチ被害者、第二の主水を出さない為の貴重なアドバイスが詰まっていて本当に
『鹿砦社の紙の爆弾三月号増刊はリンチの被害者の文章で生々しい証言が次々と明かされて胸が打たれる よく自殺しなかったと感心するわ』の画像

あいちトリエンナーレの天皇陛下や皇軍を侮辱する作品の展示に対する反発から勃発した愛知県知事リコール運動が何やら迷走しているようだが、不自由展のようなマジョリティーが激怒するような美術展に自治体や企業が協賛出来にくい空気が出来つつある事と、自民党保守派から
『愛知県知事リコールが頓挫したが、この問題提起で国旗棄損法が国会に提出される素晴らしい副産物が生まれた!』の画像

軍事政権の時代にグッドピープル、クレイジーガバメントと称されて来たミャンマーでクーデターが起こった。そもそも選挙で大敗した軍部がクーデターを起こす兆候って報道されていたもんなぁ。日本でも戦前は二・二六事件や関東軍の暴走に手を焼き、終いには米英中ソと戦争に
『クーデターの文字がネットで見かけて、韓国?と思ったらミャンマーだった。元の木阿弥かぁ残念』の画像

↑このページのトップヘ